「ゴミゼロ倶楽部」写真展が開催されます

今年も「ゴミゼロ倶楽部」写真展が開催されます。
「ゴミゼロ倶楽部」は、オリンパスやパナソニック
の製造する、フォーサーズ型の撮像素子を使っ
たデジタル一眼レフ及びマイクロフォーサーズ
型の撮像素子を使ったミラーレス一眼カメラの
愛好者の集まりであります。 
その「ゴミゼロ倶楽部」の会員達の作品98点に
よる写真展が今年も下記により開催されます。
ジャンルも 風景、花・植物、昆虫・動物、スナップ、ポートレート、その他と多岐にわたり、
楽しめる内容になっていますので、
是非お越しくださるようお願い申し上げます。

あぜみち も拙画像を3点出品しています.

会場 東京都新宿区西新宿2-11-4・・・・・・・・
  (新宿中央公園内)エコギャラリー新宿
       電話 03-3348-6277 

会期 2014年2月20日(木)~23日(日)
     10時~18時 
    初日14時から  最終日16時まで
        *開場時間にご注意ください

3420_11_4

3420_212_3

今回出品した拙画像は以下の3枚です。
画像をクリックしてご覧ください

キアゲハ(コオニユリで吸蜜)榛名富士を背景に・・・
11072643rs
オリンパスE-M5+MZD12-50mmデジタルテレコンON ストロボ

ユリ園のヒカゲチョウ(太田吉沢ユリ園にて)
11132886
オリンパスE-M5+MZD12-50mm

飛び立つヒメアカタテハ(背景は玉村町の五料橋)
112097052
オリンパスE-M5+ZD8mm魚眼 デジタルテレコンON 
ちなみに合成ではありません

| | コメント (0)

ヒゲナガオトシブミの揺籃づくり 13.06.28

オトシブミというと、里山で遊んだ子供の頃を
思い出される方もいらっしゃると思います。
木の葉に卵を産み付けて、その葉をくるくる巻いて、
まるで昔の巻紙に書いた文(ふみ)のようにして、
地上に落とすので、この名がついているそうです。

初めての出会いは2012年7月の赤城山でした。
そのひょうきんで可愛い姿にすっかり魅せられました。
1042254t4

そして 今年5月にウスバシロチョウの撮影に
藤岡市の里山に出かけたときに、
道路に落ちているオトシブミの揺籃を見つけました。
39942t2

その後、図らずも榛名山でヒゲナガオトシブミに
出会うことが出来ました。
1277143t3

130100143t_2

葉を巻く♀の様子を見に来た♂
1476964t2

その時 オトシブミが葉を巻いて揺籃を作るところを
観察出来たら良いなと思っていました。

そして28日に再び榛名を訪れたときに、
ヒゲナガオトシブミが葉を巻いて揺籃を作るところを
約一時間にわたり観察する機会に恵まれました。
そのとき撮影した200枚以上の画像から
40数枚を抜粋し、ヒゲナガオトシブミの揺籃作りの
様子を別ブログにまとめることが出来ました。

揺籃作りの様子はこちらをクリックして御覧ください
            ↓
ブログ 「ヒゲナガオトシブミの揺籃作り」へ

| | コメント (0)

  3月 6日 フクジュソウとセツブンソウ

今日はTjさん、Hyさんと3人でフクジュソウと
セツブンソウの撮影に秩父市吉田町へ出かけた。
5月の陽気という暖かさの中でフクジュソウも
セツブンソウもちょうど見ごろだった。

最初のポイントは民家の裏山で、顔見知りの
Tjさんが撮影の許可を得ての撮影である。

フクジュソウ1
01_57332
カシオZR100 F:8.4  1/800秒 ISO-100  -2.0補正

裏山一面に咲くフクジュソウ2
02_33762
オリンパスE-M5+12-50㎜  シャッター優先 1/1250秒
                   F:5.0  ISO-200  -0.3補正
   

西洋ミツバチが来ていた
03_57492
カシオZR100 F:8.4  1/1600秒 ISO-125  -2.0補正

セツブンソウ
041_33273
オリンパスE-M5+12-50㎜  シャッター優先 1/1250秒
                   F:8.0  ISO-200  -0.7補正

セツブンソウにも来ていた西洋ミツバチ
042_33452
オリンパスE-M5+12-50㎜  シャッター優先 1/1250秒
                   F:5.2   ISO-500  -1.0補正

次のポイントへ向かう
ここは雑木林の中でまだ日陰だった。
ここもセツブンソウは
ちょうど見ごろで何人も撮影者が来ていた。

セツブンソウ
05_34482
リンパスE-M5+12-50㎜  シャッター優先 1/1250秒
                   F:3.5  ISO-800  -0.7補正

セツブンソウ
06_341932
リンパスE-M5+12-50㎜  シャッター優先 1/1250秒
                 F:6.3  ISO-2000  -1.0補正

セツブンソウ3
07_34112
リンパスE-M5+12-50㎜  シャッター優先 1/1250秒
                 F:3.5  ISO-1250  -1.0補正

11弁のセツブンソウがあった
08_34412
リンパスE-M5+12-50㎜  シャッター優先 1/1000秒
                   F:6.3  ISO-2500  -0.7補正

    少しピンクがかったセツブンソウも・・・
    09_34362_2
          オリンパスE-M5+12-50㎜  シャッター優先 1/1000秒
                             F:6.3  ISO-2500  -0.7補正

ミツバチを撮影したときのシャッター優先のままで
セツブンソウを撮影してしまいISO感度が大幅に
上がって画質が悪くなってしまった、被写体によって
露出設定を変更することの大切を再認識させられた。

11月初頭に風邪をひいて以来、冬ごもり状態
だったので、本当に久しぶりの撮影行だった。
完全に鈍った体だったけど、里山での花の撮影は
楽しく軽い疲れを感じながらも気分爽快だった。

Tjさん、Hyさんお世話になりました。

| | コメント (0)

碓氷峠旧道、眼鏡橋の紅葉を見に行く

今日は家内と紅葉が見ごろという報道に誘われて碓氷峠の旧道にある眼鏡橋へ行って見ることにした。
下仁田から妙義経由で紅葉を探しながらのドライブ、
しかし妙義は既に紅葉は終わりごろだった。
碓氷峠旧道に入る前に”おぎのやドライブイン”で峠の釜めしを食べた、相変わらず美味しい、しかし一個1000円にはびっくり・・・いつの間に値上がりしたのだろう、と言うかそれだけ久しぶりということですね(^^)
碓井旧道を登り始めると直ぐ碓井湖がある、
ここも紅葉の綺麗なところだが少し時期が遅かった。
さらに峠を登ってアブト式の信越線が走っていた第4トンネル付近に車を止めてそこから廃線跡に入った。

   画像をクリックしてご覧ください

3号トンネルから見える紅葉(横川側)
30_29042

3号トンネルから4号及び5号トンネルを見る
31_29142

眼鏡橋は5号トンネルと6号トンネルの間にかかっていて、4号トンネルから歩いて5分ほども歩けば
眼鏡橋の上にでる。

眼鏡橋から5号トンネルを振り返る・・・
32_28892

眼鏡橋から見た紅葉は盛りを過ぎていた
33_28753

眼鏡橋を降りて車で峠を行くと綺麗な紅葉が見られた。
34_29362

そんなことをしているうちに峠の頂上に近づいたので、軽井沢まで足を延ばしコーヒーでも飲んで
一休みして帰ろうということにした。
軽井沢もシーズンオフで夏の賑わいは見られず、
コーヒーを飲む店も適当な店が見つからなかった。
仕方なく18号を中軽井沢方面に少し走ったところで”MOTOTECA"というコーヒー店を見つけて
入って見ることにした。

そこのオリジナルコーヒー280円
38_29502_2

甘味控え目で家内が気に入ったラズベリータルト
37_29492

    その店にはDUCATI(デスモ)が置いてあった。   
    35_29372

当時のイタリアンカフェレーサー・スタイルが懐かしい36_29442_2
以上9枚とも OM-D E-M5+MZD12-50㎜で撮影

今日は10時半頃になって、紅葉でも見に行って見ようか、と軽い気持ちで出かけたのだが、それなりに気ままなドライブを楽しむことが出来て・・・Good!

| | コメント (0)

ひたち海浜公園のコキアを見に行く

10月24日に家内の希望で”ひたち海浜公園”の
コキアを見に行くことになった。
日帰りも可能だけど、せっかく海に行くので一泊して新鮮なお魚を食べてのんびりしようということになった。
朝7時に家を出て前橋南インターから北関東道で一路茨城へ向かった、北関東道は関越道などに比べると交通量も少なく快適にドライブできる。 その効果は歴然で従来国道50号で東北自動車道佐野インターまで2時間近くかかっていたのが、1時間半で壬生PAに到着してしまった。 しかしこの間サービスエリアが少なく、、ここでようやく朝食を摂ることが出来た。 朝食をゆっくり摂ってから北関東道を走り、常陸那珂有料道路に入ってひたち海浜公園IC を出たのが10時過ぎで、
そこから数分でひたち海浜公園に着いてしまった。
園内を一周するトレイインバスに乗って観覧車に行き、先ずそれに乗って上空から園内を見渡すことにした。

     画像をクリックしてご覧ください

観覧車
201_18382
OM-D E-M+MZD12-50mmシャッター優先 1/1250秒 F:8.0
           ISO-200  =1.0補正 デジタルテレコンON

上空から見たコキアのある”みはらしの丘”の全景、
後ろに見えるのは小松製作所と常陸那珂港
202_18252
OM-D E-M+MZD12-50mmシャッター優先 1/1250秒 F:7.1
           ISO-200   -1.0補正 デジタルテレコンON


コキアは海岸の見える丘の上一面に植えられていて、見ごろの時にはさぞ素晴らしかったろうと思われるが、すでに盛りを過ぎていてきれいな赤の残るものは
全体の1/4位だった。
21_19422
OM-D E-M+MZD12-50mmシャッター優先 1/1600秒 F:6.3
                                        ISO-200   -0.7補正 

    22_18642
          正OM-D E-M+MZD12-50mmシャッター優先 1/1250秒 
                                        F:5.6 ISO-200    -1.3補 

23_19582_2
正OM-D E-M+MZD12-50mmシャッター優先 1/1600秒 
                             F:6.3 ISO-200     -0.7補 

私たちが入園した西門前に広がる池の風景
24_19643
OM-D E-M+MZD12-50mm プログラム 1/800秒 
                 F:11 ISO-200     -1.0補正 

コキアの咲く”みはらしの丘”の頂上付近の周りには
セタカアワダチソウの群落があり、
これもなかなか綺麗だった、しかしここは園外である。

そこにキアゲハが1頭吸蜜に訪れていた。
25_51004
ZR100 パスト連写 1/4000秒

26_51075_2
ZR100 パスト連写  1/4000秒

コキアの丘の麓にある、フードコートで昼食を軽く摂ってから、またトレイインバスに乗って西門近くの「記念の森レストハウス」に行き、ハーブ茶と有機コーヒーに
カボチャタルトでゆっくり休憩してから日立海浜公園を
後にして宿泊予定の平磯に向かった。

海岸線を15分ほど走ると平磯海岸である、この辺の海岸は磯が多く、打ち寄せる波の大きいところである。

平磯海岸
27_20072
OM-D E-M+MZD12-50mmシャッター優先 1/1600秒 F:6.3
                                         ISO-200    -1.0補正 

 
宿泊は平野屋という老舗旅館で、安政二年に創業した
この地の最も古い旅館である。
この平野屋は自分が小学生のころ祖母に連れられて海水浴に来たことのある思い出の旅館でもある。 その頃は木造三階建ての大きい(当時)旅館で目の前の海に旅館から裸足で泳ぎに行ったことを覚えている。17年前に鉄筋コンクリート3階建てに建て替えられていた。

その夜は海鮮しゃぶしゃぶと新鮮なおつくりそして地酒を楽しんだが、さんまの刺身がとても美味しかった。 九時半には床に入って翌朝七時半までぐっすり眠った。
翌日は家内の大好きな大洗水族館(アクアワールド)へ行って、たっぷりと楽しんだ。

イルカショウで危険な技を見せる、間違ってコンクリートの上に落ちれば無事には済まない
28_21033
OM-D E-M+MZD12-50mmシャッター優先 1/1000秒 F:6.3
                                         ISO-1250    +0.3補正 

水族館を3時過ぎに出て6時には帰宅した。
北関東道が出来て茨城はとても近くなったことを
実感する2日間でした。

| | コメント (2)

«夕暮れのひまわり