« 2010年チョウの画像総集編 | トップページ | 今年もよろしくお願いいたします! »

上信越高原の紅葉 草津白根 志賀、奥志賀、妙高、戸隠


10月17日 家内と上信越高原へ紅葉ドライブに出かけました。草津→白根→志賀高原→奥志賀高原→妙高高原(宿泊)→戸隠高原→飯縄高原を回って志賀草津道路を戻る450㎞超のドライブでした。

    画像をクリックしてご覧ください

全行程マップ
00_2

時期的に紅葉が見ごろかどうか確かめずに家内のスケジュールを優先しての出発でしたが結果的に素晴らしい紅葉に出会えたラッキーな旅でした。

渋峠でコーヒータイムをとったレストランからの眺め、左端が笠ヶ岳で遠くにかすんで北アルプスが見える。
01_10332

渋峠から万座方面を見た眺め
01210382
以上2枚はオリンパスE510++50~200mmで撮影

翌日帰りに 夕方にここを通りかかると見事な
雲海が広がっていました、遠くの山脈は北アルプス
02_44732
リコーGXR-P10で撮影

しばらくすると夕日が雲の中に・・・・・PM 4.58
03_13083
オリンパスE510+50~200mmで撮影

この時の気温は4℃を下回っていました
032_45042
リコーGXR-P10で撮影

背景は北アルプス
04_13112_2
オリンパスE510+50~200mmで撮影

志賀高原に入ったところにある木戸池の黄葉
05_107022

   大きな鯉が泳いでいました
   06_107333_2
 以上2枚はオリンパスE510+50~200mmで撮影

志賀高原の中心地 蓮池の黄葉
07_441522

   08_44282
 

ここは志賀高原ロープウェイの起点でもあります。
そこからの眺め、中腹の白い建物群は発哺温泉
09_44362
以上3枚はリコーGXR-P10で撮影

この蓮池から奥志賀高原へ向かいます。
しばらく走ると橋の上から見事な紅葉が見られます
09210972

そこからトンネルを2つ抜けると発哺温泉入口です
10_11212
以上2枚はオリンパスE510+50~200mmで撮影

発哺温泉は紅葉のるつぼの中です
11_44643
リコーGXR-P10で撮影

ここから高天原ゲレンデの頂上へとロープウェイがあって、素晴らしい紅葉の中を上って行きますが、途中から霧が出始めてしまい眺望が悪くなってきました。
12_12503

頂上へ着いた時にはすでに霧が来てしまいました
13_12452

5分もしないうちにご覧のように一面の雲海に・・・・・
左奥の山塊の右端が槍ヶ岳です
14_12463

霧の合い間に見えるのは高天原ゲレンデのホテル群
15_12952
以上3枚はオリンパスE510+50~200mmで撮影

発哺温泉に下りてから奥志賀高原へ向かいます、しばらく走ると野沢温泉と秋山郷への分岐点に出ました。
16_11292

右側にブナ林があり林間の紅葉が見事でした。
17_117333

18_11382_2

 

   19_11742_2

   20_11602
 以上5枚はオリンパスE510+50~200mmで撮影

このブナ林は予想外の素晴らしいポイントでした、気を良くして今日の宿泊地の妙高高原へ向かいました。

泊まったホテル・アルペンブリックは妙高高原ビール工場も経営していて、夕食はそこのレストランで地ビール飲み放題+アワビのステーキ券付のバイキングでした。地ビールは3種類でピルスナーという少し苦みのあるビールが爽やかで美味しかったです。

翌朝は雨、予報では昼には晴れるというので10時前に出発し野尻湖へ、ナウマンゾウ博物館を見学してから戸隠高原に向かいました。

戸隠高原では鏡池の黄葉が見ごろでしたが、霧がかかって風もあり池に映る黄葉は見られませんでした。
21_440122_2
リコーGXR-P10で撮影

22_122522_3

23_11832_2

池の後ろの岩峰は霧に覆われてよく見えませんでした
24_12332
以上3枚はオリンパスE510+50~200mmで撮影

鏡池を後に少し下ると旧玉泉院というお寺の宿坊で蕎麦を食べさせるという看板があったので寄ることに・・・
しこしことした歯ごたえのある蕎麦で美味しかったです。
25_12392

昼食を済ませてから飯縄高原経由で信州中野に出て、往路と同じ志賀草津道路で帰宅しました。

今回は一泊二日の高原をめぐる紅葉ドライブでしたが、
図らずもベストに近い紅葉を見ることが出来て
大変ラッキーな旅になりました。

|

« 2010年チョウの画像総集編 | トップページ | 今年もよろしくお願いいたします! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2010年チョウの画像総集編 | トップページ | 今年もよろしくお願いいたします! »