« 08.06.13 テレルジの2日目 | トップページ | 08.06.15 ドガノハドの1日目 »

2008年7月 6日 (日)

08.06.14 ナイラムダルヘ

6月14日 今日は2泊したテレルジに別れを告げて一路ナイラムダルへ向かう・・・
ウランバートルを抜ける途中、往路で見たモンゴル鉄道の軌道上に貨物列車の長い列を見た。

       画像をクリックしてご覧下さい

0197512

ウランバートル市内に入ると、トロリーバスが走っていた。
上下2本の線は車のリヤ熱線である
0297562

ちょうど通勤ラッシュでトロリーバスは満員だった
0397552

折りしもモンゴルは総選挙の真っ最中で街路のあちこちに選挙ポスターが溢れていた、お馴染みの旭鷲山も立候補していた 。 このときは選挙結果に納得しない野党勢力による暴動がおきるとは知る由もなかった。
0497732

ニッサン車の販売店を見かけた
0597642

ウランバートル駅の構内に国道に面して歴代?の機関車が展示してあった、揺れる車の中からのスナップなのでやっと写っていたという画質だが、鉄道好きの人には喜ばれそうだ

0697652_2

0797662

0897672

0997682

1097692

1197702

これがウランバートル駅
1297712

駅へ向かうディーゼル機関車の2連結
1397772

ウランバートルには大きな発電所が数箇所あり、そこで出来る温水をパイプラインで市内に送って各家庭でも使えるようにしているそうである
1497752

走ること2時間半ほどで今日のポイントのナイラムダルに着く。
モンゴルでは民主化後、私有地が認められるようになり、住宅建設も盛んでここもそんな私有地の一つだ。
晴れてはいるが 風が強くてチョウの姿は少なかった。

ムラサキベニシジミ
1570212

1671362

シロオビヒメヒカゲ
1771032

綺麗な蛾がいた
1870362

アヤメの仲間? 丈が10cmほどのミニサイズ、これは牛やヤギが食べないので沢山咲いていた
    1997812_2         

花もいろいろ、いずれもミニサイズ
2097852

2170262

チョウの姿も少ないので、近くのチルドレンセンター(学生キャンプ)へ行く、ここはゲートがあって入れないのだが、バドさんのお陰で入ることが出来た。
その奥にあるロシア人の別荘地がポイントだった。
ここはモンゴルには珍しい林間の緑多いところである。

沢山いたベニイロモンヒカゲ
2270992

その飛翔
2398152

ウルダタカネヒカゲの吸蜜
2471782

コヒョウモンモドキの仲間
2571892

2671852

ツバメシジミ
2771492

これも沢山いたエゾヒメシロチョウ(飛翔)
2897902

ミドリコツバメ、美しいチョウだが撮れたのはこれだけだった
2971802

何度か見かけた蛾
3071962

ここは今回屈指の好ポイント だったが、少し疲れ気味で撮影出来たチョウはあまり多くなかった。
ここでこれまでガイドをしてくれたバドさんがスケジュールの都合で帰り、サロールさんという若い女性ガイドに交代した。
大学の日本語学科を卒業して1年というサロールさんは、初々しい感じのモンゴル女性だった。
ナイラムダルを後にして今夜の宿泊地ドガノハドへ向かう、通常はウランバートルへ戻ってから国道を走るのだが、近道を通ることになった。
しかしこのルートは途中から道らしい道がなくなって原野を走ることになり、なかなかスリリングだったが、いかにもモンゴルの原野を走っているという風景が連続してなかなか良かった。

車窓からの風景
3198342

3298262

3398372

この近道を抜けて、国道に出ると一路宿泊地のドガノハドへと向かった。
この国道は結構道が良く今回の道中で一番揺れが少なかった。

ドガノハドのゲルキャンプは設備が整っていて、水洗トイレやシャワーもあったので2日ぶりに体を洗うことが出来た。
しかし乾燥した空気のせいか体や頭が痒くなることもなく、数日ならシャワーなしでも過ごせそうである。

15日の日記に続く・・・ 

|

« 08.06.13 テレルジの2日目 | トップページ | 08.06.15 ドガノハドの1日目 »

コメント

モンゴルから帰られてまた撮影に出かけられたようで感服しております。私は今も大阪の友人からさぼるなとしかられました。19・20にクロシジミで滋賀県に行くのがモンゴル以降の唯1つの予定です。モンゴル撮影記続きと今後の日本の蝶楽しみにしています。Muさんの写真も楽しみにしていると伝えてください。私の写真はすべてだめだと言われてしまいました。池沢さんは出掛けられたとのこと。すごい人です。
来年はモンゴルのもっと奥地へパルナシウスを撮りに行きましょう。

投稿: ザルホー青木 | 2008年7月 6日 (日) 19時47分

AOKIさん

晴れるとむずむずして5回も撮影に出ました、キマルリを撮りに会津遠征もしてしまいました。
出かけるとその写真の整理調整があるので、モンゴル撮影行の纏めが遅れに遅れています(^^;
記念写真やスナップについては間もなくメールでお送りしますのでよろしくお願いたします。
パルは撮りたいです、来年体力があったらお供しましょう(^^)

投稿: あぜみち | 2008年7月 6日 (日) 23時55分

ミドリコツバメ、惜しかったですね。
やはり訪問する価値のある場所だと痛感しました。

投稿: YODA | 2011年10月18日 (火) 18時51分

YODAさん
ミドリコツバメハは今回の残念なチョウの一つです。
とてもきれいなチョウなのでしっかり撮りたかったです。

投稿: あぜみち | 2011年10月27日 (木) 10時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 08.06.13 テレルジの2日目 | トップページ | 08.06.15 ドガノハドの1日目 »