« 08.06.17 再びナイラムダルへ | トップページ

2008年12月28日 (日)

08.06.18 帰国へ

今日は6月18日 とうとう日本へ帰る日が来てしまった。

00162_2 朝4時半にフロントに行くとガイドのサロールさんとイン・ヘーさんが迎えに来てくれていた。 ホテルの玄関前で皆で記念撮影してから、ヌフトホテルを出発してウランバートル空港へ向かった。

飛行機は6時45分出発のモンゴル航空の便である。
しかし空港についてみるとチェックインが始まっていない、なんと遅れて10時のフライトだという、それでも成田空港を出るときは8時間以上遅れたのだから、これでも良しとすべきか、やれやれ・・・しかしモスクワや北京へ行く便は予定通りなのだから、モンゴルでは東京はローカルなのだろうか・・・などと僻んではいけませんね(^^;

00172

朝食は機内で摂るつもりだったが、10時発ではそうも行かないのでチェックインしてから軽く軽食を摂った。
今回は予告通り?10時にテイクオフとなった 。

快適なフライトで4時間半後には無事成田空港に着いた。
松本のAoさんとはここでお別れして、我々3人組はリムジンバスで帰路についた。
バスの窓から見える風景は濃い緑に覆われて湿度も高く、モンゴルの乾燥した大地との違いにいまさらながら日本の自然の豊かさを実感したのだった。        (完)   
                                         
今回の企画を立てて下さったIkさん、そして全日程を同室して頂いたMnさん、モンゴルに詳しく蝶の種類についてもいろいろ教えていただいた松本市のAoさん、お陰さまで無事にモンゴルでのチョウ撮影6日間を楽しむことが出来ました。
大変お世話になり有り難うございました。

最後に、アルタンツアー代表のバドゾリグさん、6日間寝食をともにして道なき道も走ってくれたイン・ヘーさん、そして大学で日本語を学び卒業したばかりで不慣れながら一生懸命ガイドしてくれたサロールさんに感謝申し上げます! 

|

« 08.06.17 再びナイラムダルへ | トップページ

コメント

ついに完結編ですね。
楽しませていただきました。
素敵な撮影旅行でしたね。

投稿: RANA | 2009年1月13日 (火) 22時44分

RANAさん
大変お待たせしました(^^;
何とか年内に完結できてホッとしています。
6ヶ月経ってるので、細かいことが書けるか不安でしたが・・・
書き始めると画像を見ながら次々と当時が想い出されて、もう一回モンゴル旅行を味わってしまったようで・・・得しました(^^)

投稿: あぜみち | 2009年1月14日 (水) 12時00分

これは素晴らしいです。
是非、小冊子にして刊行してください。
大変、当地の蝶相の勉強になりました。

投稿: YODA | 2011年10月18日 (火) 19時03分

YODAさん
全編をお読みいただき有難うございます。
この時期は春のチョウが多かったのですが、7月になるとパルナシュースも見られて、草原は花に覆われて景色は一変するそうです。
これはあくまで素人の撮影日記なので刊行する自信はありませんが、そう言って頂くと嬉しいです(^^)

投稿: あぜみち | 2011年10月27日 (木) 11時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 08.06.17 再びナイラムダルへ | トップページ