«  6月 7日 再びウラゴマダラシジミに会う | トップページ |  6月13日 再び山名丘陵へ »

2007年6月12日 (火)

 6月11日 ミズイロオナガシジミに会う

   今日はMnさんと午前中に高崎森林公園、午後は牛伏山麓と近隣の里山を巡った。
暑い一日で里山の木陰が爽やかで気持ちよかった、コナラの林を中心に申し分ない環境だったが、チョウ影はあまり濃くなくて、今年のチョウの状況を窺わせるものだった。
しかし出会えたチョウは種類も多く画像的には収穫の多い一日だった。
最初に出会ったのが高崎自然歩道でのミズイロオナガシジミだった。

(画像をクリックすると拡大します)

ミズイロオナガシジミ
80mizuiro12103
E-1+50~200mmズーム使用

同じく広角で(背景は高崎自然歩道)
81mizuiro24882
リコーGX100使用

たまたま散歩にやって来た近所の子供達を背景に
82mizuiro25152
リコーGX100使用

遠い栗の木の葉に止まったオオミドリシジミ、証拠写真のつもりで撮ったが、大幅にトリミングしたところ何とか見られる様になった一枚
83oomidori123022_1
E-1+50~200mmズーム使用

ムラサキシジミ、背景の赤いものはキイチゴの実
84murasaki11882_1
E-1+50~200mmズーム使用

沢山いたヒカゲチョウ
85hikage12462_4
E-1+50~200mmズーム使用

アザミの花で吸蜜するダイミョウセセリ
86daimyo12572_1
E-1+50~200mmズーム使用

午後は牛伏山麓のコナラ林を中心に歩いたが、なかなか良い環境でした。

枯れ草に止まったテングチョウ、見事に保護色です
87teng13322_1
E-1+50~200mmズーム使用

栗の花から飛び立つアオスジアゲハ
88aosuji13002
E-1+50~200mmズーム使用

ゴマケンモンという蛾だそうですが、なかなか美しいです。
89125363
リコーGX100 使用

小さな流れの傍にいたトンボ、ミヤマカワトンボ?でしょうか、美しい翅です。
892miyamakawatombo13782
E-1+50~200mmズーム使用

30度Cを越えようという夏日の中で、里山のコナラ林を抜ける風は涼しく、坂道を歩いた後の爽やかさはなかなか心地良いものでした。
ミズイロオナガシジミはゼフの中ではどちらかと言うとありふれているということですが、初出会いの喜びは格別です、しかもあまり逃げようとせずたっぷり撮影させてくれまして。

この他 サトキマダラヒカゲ、コムラサキ、ヒメウラナミジャノメ、スジグロシロチョウ、モンキチョウ、キチョウ、コチャバネセセリなどに出会いました。

|

«  6月 7日 再びウラゴマダラシジミに会う | トップページ |  6月13日 再び山名丘陵へ »

コメント

増田さん

ますます意欲的に撮影活動されてますね、感服してます。

今年はゼフを撮ることを課題にしていますが、平地ゼフが少ないとのこと、ちょっと残念ですね。
機会があればなるべく撮影に出かけようと思っています、早朝は苦手ですが、そんなこと言ってられませんね(^^;
アドバイス有り難うございます。

またお宝ポイントの消滅本当に残念ですね、便利と引きかえに自然が壊れていくのはなんともやり切れませんね。

投稿: あぜみち | 2007年6月13日 (水) 21時27分

今年は平地ゼフが少ない年ですね。
私の20年来お宝ゾーンにしていたアカ、ウラナミアカ、オオ、
ミズイロ、ウラゴマの林も北関東自動車道のコンクリー壁と
アスファルトでつぶれました。今年見たのははウラゴマだけです。

オオ、ミズイロの画像も貴重なものです。良く撮れてますね。

 早朝夜明けと共に待てば、下草での撮影が期待できます。
多少の雨でも樹下の下草で遭遇できるはずです。

投稿: ますだかつひろ | 2007年6月13日 (水) 18時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




«  6月 7日 再びウラゴマダラシジミに会う | トップページ |  6月13日 再び山名丘陵へ »