«  9月 2日 薄霧の榛名で花・・・ | トップページ |  9月 4日 奥利根のキベリタテハ »

2007年9月 7日 (金)

 9月 3日 榛名でクジャクチョウ他 

今朝は雲は多いが晴れ間も出ている、この天候なら前日マツムシソウが見ごろだった榛名でクジャクチョウに会えるかもしれないと再度出かけることにした。
頂上に着いて歩き始めると薄霧が晴れてきて快晴になった、ユウスゲの道も昨日に比べると嘘のように人が少ない。
ユウスゲの原を一周したがチョウの姿は少なく、出会えたのはクジャクチョウ1、キアゲハ2、イチモンジセセリ数頭、ジャノメチョウ多数(ボロ)位だった。

昼食後はツツジの道を歩いた、暫く行くとクジャクチョウに出会った、新鮮な個体だった。

       (画像をクリックすると拡大します)

マツムシソウで吸密するクジャクチョウ
901kujaku81182

派手なクジャクソウは秋の草と混じってもさまになる?
902kujaku81042

そこから 引き返すとマツムシソウで吸密するシータテハがいた、翅裏のC形の紋が名前の由来だそうです
911ctateha813522

シータテハ(表) 翅縁の切れ込みが大きいのが特徴
912ctateha813722

さらに ワレモコウで吸密するキタテハ(裏)を見つけた
921kitateha81293

キタテハ(表) シータテハほど翅縁の切れ込みは大きくない
922kitateha81342

ノダケで吸密するコミスジ(裏)にも出会った
931komisuji80802_2

コミスジ(表)
932komisuji80812

トネアザミで吸密するミドリヒョウモン
94midorihyoumon80902

     キンモンガ(だいぶ擦れていた)
     95kinmonga809222
   以上10枚とも オリンパスE510+50~200mmで撮影

久振りに晴れた榛名の草原は薄霧の昨日とは打って変わってチョウの姿も多く見られたが、そろそろチョウも見られる種類が減ってきていて、榛名の季節が秋に入ったことを感じさせました。
 

|

«  9月 2日 薄霧の榛名で花・・・ | トップページ |  9月 4日 奥利根のキベリタテハ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




«  9月 2日 薄霧の榛名で花・・・ | トップページ |  9月 4日 奥利根のキベリタテハ »