«  9月22日 ムラサキツバメ再び | トップページ |  10月 2日 ウラナミシジミ(高崎市) »

2007年10月 6日 (土)

 9月28日 クロコノマチョウ(太田市)

今日はベテランMnさんと太田市のクロコノマチョウを見にご一緒しました。
8時出発で太田に向かう前に、高崎市の利根川河川敷にウラナミシジミの様子を見に寄りました。
そこで車を止めた場所にマテバシイの木があり、ひこばえに 食痕 が見られたので周りを見ているとムラサキツバメが1頭飛び出したので、それをしばし撮影しました。
分布を広げていると言うのはどうやら本当のようです。

        (画像をクリックすると拡大します)

ムラサキツバメ
01murasakitubame56562
リコーGX100で撮影 

河川敷の田の畦にはノアズキが咲いていて、ウラナミシジミが数頭飛んでいましたが、今日はクロコノマが目的なので、数枚撮影しただけで太田市に向かうことにしました。

ウラナミシジミ♂裏
021uranamisiji00672

ウラナミシジミ♂表
022uranamisiji00722

1時間程で 太田市のポイントに着き、歩き始めるとすぐに歩道脇の木立の中でクロコノマが飛ぶのを目撃、それが止まるのを待って撮影することが出来ました。

クロコノマチョウ (だいぶ擦れている)
031kurokonoma01392

そこから暫く歩くとまた1頭見つけた
032kurokonoma801342

033kurokonoma801222

昼食後車のところまで戻ってくるとゴイシシジミがいた
04goisi01492

ここにもツマグロヒョウモンが多く、急速に分布を広げているようです。
小さな草はらでツマグロヒョウモンのメスが産卵行動をしていた、食草のスミレは結構見られるがなぜかそこに産卵していない、しばらく様子を見ていると草叢に潜って産卵している様子でした。
05tumagurog22

帰ろうとしたときに、ノシメトンボがツマグロヨコバイを捕食しているのに出会いました。
一見残酷に見えますが、これも自然界の食物連鎖の一環なのですね。

     ノシメトンボの食事
     061tombo801732_2

      062tombo01852_2

帰ろうとしたとき微笑ましい光景に出会いました、野生の鴨と仲良くしているおじさんがいたのです、白い柵は檻ではなく貯水池の安全柵です。
07kamo02232
以上10枚は E510+50~200mmズームで撮影

今日はクロコノマチョウを初めて見ました、地味な蝶ですがこれもムラサキツバメと同様に分布を広げているそうです。
絶滅に向かって数を減らしている蝶の多い中で、分布を広げている蝶がいるのも気候の変化や人工的に植えられる植生などの影響なのでしょうか?

|

«  9月22日 ムラサキツバメ再び | トップページ |  10月 2日 ウラナミシジミ(高崎市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




«  9月22日 ムラサキツバメ再び | トップページ |  10月 2日 ウラナミシジミ(高崎市) »