«   3月 9日 相模川遠征&トラツグミ | トップページ |   3月15日 モンシロチョウ初撮影 »

2008年3月20日 (木)

  3月12日 佐野のセツブンソウ他

今日は足利在住のMSDさんのご案内で佐野市のセツブンソウを撮りに出かけました。
こちらからは先日吉田町のセツブンソウを撮りに行った3人です、足利市役所前でMSDさんと落ちあい一路佐野市へ・・・
先ずは田沼町旗川域のポイントへ・・・車を置いてカメラの準備をしていると虫の大家Fsさんが傍らの樹幹を指差して「・・・・・・・」という、

      (画像をクリックすると拡大します)

その写真がこれ、はて何がいるのでしょう?答は末尾に(^^)
71tobimon09212

車を止めた場所からセツブンソウが落ち葉の斜面一面に咲いていました。
ところがなんと広角コンパクトのGX100を忘れてきたことに気がつきました、なんとも迂闊なことです、仕方なく望遠一本勝負となりました。

ここは観光地と違い、数十年前の里山の風情がそのまま残っていて、われわれ4人以外には撮影する人もいなくて、じっくっり撮影に集中出来ました。

古い石塔とセツブンソウ、広角レンズがあれば・・・タラレバ(^^;
72setubunso09082

    2本寄り添うセツブンソウ
    73setubunso10232

    ピンクがかった花もありました
    74setubunso109422

花弁の数もいろいろでした
75setubunsog43

ほころび始めたアズマイチゲ
77setubunso11252
以上6枚は オリンパスE510+EC14+50~200mmズームで撮影

次いで向かったのは葛生町秋山川域のポイントでした、ここは私有地なのであまりゆっくり撮影することは控えました。
ここでは広角で撮りたい場面があったので、TjさんのルミックスLX2をお借りして撮った一枚、横長のフォーマットが新鮮です。
76setubunsoulx2

去年に引き続いての佐野市のセツブンソウ撮影でしたが、今回は去年とは違うポイントでの撮影でした。
去年のアルバムはこちら
足利から佐野市にかけての里山はなだらかな低い山並みと雑木林、田畑が連なり温かみのある風情豊かな景観が続く素晴らしいところです。
昆虫も花も 豊富なこの自然がこれ以上荒れないことを祈りたいです。

ご案内頂いたMsさんそして、ご一緒したFsさん、Tjsさんお世話になりました。

一枚目の答はトビモンオオエダシャクだそうです、見事な保護色で樹皮と見分けにくいですね。
交尾姿ですが左側が♀で右側が♂です、これは大変貴重な画像だそうで、今回の大収穫でした。

|

«   3月 9日 相模川遠征&トラツグミ | トップページ |   3月15日 モンシロチョウ初撮影 »

コメント

MSDさん ご案内有り難うございました。
あの里山は貴重ですね、本当にこれ以上荒れないで欲しいと思います。
ニリンソウとスギタニルリシジミ狙いでまたお邪魔したいです(^^)

投稿: あぜみち | 2008年4月 1日 (火) 00時07分

あぜみちさん、いつ見ても美しい画像です。
春の風情が満ち溢れていますね。

いつまでも大事にしておきたい里山です。

4月はニリンソウとスギタニルリシジミの季節になります。

投稿: MSD | 2008年3月31日 (月) 18時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




«   3月 9日 相模川遠征&トラツグミ | トップページ |   3月15日 モンシロチョウ初撮影 »