«   3月 7日 秩父吉田町のセツブンソウと福寿草 | トップページ |   3月 9日 相模川遠征&トラツグミ »

2008年3月19日 (水)

  3月 8日 廣田邸のギフ&ヒメギフチョウ

今日は廣田さんのお宅にお邪魔して、ご夫妻が丹精して飼育されたギフチョウとヒメギフチョウそしてエゾヒメギフチョウを撮らせていただきました。
廣田さんは日本産のチョウ全種類の木版画を彫られることをライフワークにされている方です。
その傍らご夫婦で何10種類ものチョウの飼育に精を出されておられます。

         (画像をクリックすると拡大します)

エゾヒメギフチョウ(北海道上川郡開明 産)
5106372

ヒメギフチョウ(松本市崖の湯 産)
52068124_2

ギフチョウ イエローバンド(長野県白馬村飯森 産)
5306502

エゾヒメギフチョウとギフチョウイエロ-バンドのツーショット
5406492
以上4枚は オリンパスE510+14~54mmで撮影

累代飼育のために廣田さんがハンドペアリング(人工交尾)したヒメギフチョウ(崖の湯 産) この画像は廣田さん撮影 
553

フィールドより一足先にスプリングエフェメラルのギフ、ヒメギフチョウを撮らせていただきましたが、そこは春の空気に満たされていました。
廣田邸ではこれから続々といろいろなチョウが羽化することでしょう(^^)

廣田さんは毎年近くの書店で版画の個展を開いておられます、その模様はこちらをどうぞ

廣田さん有り難うございました。

|

«   3月 7日 秩父吉田町のセツブンソウと福寿草 | トップページ |   3月 9日 相模川遠征&トラツグミ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




«   3月 7日 秩父吉田町のセツブンソウと福寿草 | トップページ |   3月 9日 相模川遠征&トラツグミ »