«   4月22日 新潟県十日町のギフチョウ | トップページ |   4月30日 赤城山のヒメギフチョウ »

2008年5月 3日 (土)

  4月26日 新潟県十日町のギフチョウ 2

今日は22日に行った十日町のギフチョウの里山へ再度出かけました。
写真仲間3人と一緒に4人での遠征です。
朝から厚い雲に覆われ、群馬はお天気が崩れそうな気配でしたが、週末でないといけない人もいたので、分水嶺の三国トンネルを出ると晴れていたということを想像しながら、一路十日町へと車を走らせました。
それにしてもレギュラーガソリンが120円というのは助かります、これが数日後に150円になるとはそのときは知る由もありませんでしたが・・・
水上を過ぎると小雨もぱらつきいよいよ雲行きが怪しい中を三国トンネルを抜けると、なんと雲間に一部青空が覗いていました。
一行の顔が一気に明るくなりました、でも十日町に入ると頭上はまだ雲が厚く、里山への入り口ではぱらぱら雨が落ちてきて・・・
ポイントに入って暫くは雲も厚く小雨もパラついたりしましたが、、小一時間も待った頃陽が差して気温が少し上がったと思ったら・・・ギフチョウが4頭ばらばらと出てきました。
雨と寒い日が2~3日続いていたというこの里山でお腹をすかせていたのか、道端のカタクリで吸蜜を繰り返し、じっくりと撮らせてくれました。

そのうちの一頭がクロモジの木に止まって動かなくなりました、まだ気温が充分あったまってないせいでしょうか、30~40分そのまま止まっていました。

       (画像をクリックすると拡大します)

クロモジに止まるギフチョウ(裏)
201gihutyo32972

同じく表
20gihutyo325922

  カタクリで吸密するギフチョウ 1
  21gihutyo323232_2

カタクリで吸密するギフチョウ 2
22gihutyo32283

カタクリで吸密するギフチョウ 3
23gihutyo332222

枯葉の上で翅を休めるギフチョウ、だいぶ擦れてきてますが紋の形が良く分かります
24gihutyo32542

ウリハダカエデの雄花に止まるギフチョウ
25gihutyo33332

  キブシの花が満開でした、これはケキブシという そうです
  26kekibusi319422_2
以上8枚はオリンパスE510+EC14+50~200mmズームで撮影

ポイント周辺の里山風景
27satoyama1817333
リコーGX100で撮影

今日はお天気にはらはらしながらの十日町行でしたが、結果としてお腹を空かせたギフチョウが カタクリで吸蜜を繰り返してくれて、直射日光が当たらないので白とびもなくじっくり撮影できました。
晴れて暑いときは沢山のギフチョウが飛んで目を楽しませてくれますが、なかなか花での吸蜜をしません。
それぞれ良さがあって22日は晴れて暑く。今日は曇って肌寒くその両方での撮影が出来てラッキーでした。
2時過ぎにはまた雨がぱらつきだしたので引き上げることにしました。
帰路三国トンネルを出ると群馬側は雨で50Km/h制限が水上まで続きました、分水嶺はお天気を分けることを実感しながらのドライブでした

ご一緒した皆さんお疲れ様でした!

 

|

«   4月22日 新潟県十日町のギフチョウ | トップページ |   4月30日 赤城山のヒメギフチョウ »

コメント

naokiさん
有り難うございます!
初夏の新潟ギフは去年からですが、関越道で比較的に早くいけるので、毎年行けたらと思ってます(^^)
コツバメの産卵姿なんて見たことありません、去年撮られただけでもうらやましいです。

シデ?はウリハダカエデですか、ご教示有り難うございます。
植物は全く分からないのです、特に新芽はなおさらです、しかし里山で出会う木々の新芽や若葉は美しいですね。

投稿: あぜみち | 2008年5月 5日 (月) 20時31分

ギフチョウ三昧・・・うらやましいですね!
今年は、飼育した個体の羽化しか見ておりません。

今日は、コツバメの産卵を撮影しようとマル秘ポイント?
に出かけました。一箇所に3時間ほど粘り、5回ほど目撃しましたが一枚も撮れずにすべて逃げられました。
昨年は簡単だったのですが・・・。撮れるときはたくさん撮っておく・・・これが教訓です(笑)

ところで、シデ?と書かれているのは、カエデ(ウリハダカエデ雄花)ような気がいたします。  

投稿: naoki | 2008年5月 4日 (日) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




«   4月22日 新潟県十日町のギフチョウ | トップページ |   4月30日 赤城山のヒメギフチョウ »