«   7月21日 ミヤマシロチョウに会いに行く | トップページ |   7月30日 キマダラモドキを撮る »

2008年7月28日 (月)

  7月28日 奥利根藤原地区へ行く

今日はFsさんとご一緒して去年行った藤原地区へ行きました。
去年は小雨のちらつく曇り空でチョウの姿が少なかったのですが、今年も同じような天候になりました、しかしスケジュールの関係で出発することにしました。
最初のポイントは去年行かなかった渓谷沿いの林道でした、雨は降っていませんでしたが、渓流はここ数日の雨でかなり増水して早い流れを見せていました。

        (画像をクリックすると拡大します)

雨を集めて流れの速い渓流
4104532s

渓流沿いの道をしばらく歩いてキャンプを張る小さい広場に出ると、オカトラノオの花にセセリチョウが来ていました。
広場にアカセセリの食草があり、てっきりアカセセリかと思ったのですが、コキマダラセセリでした。
この2種は特に♀はよく似ていて、写真では判別を完全にするのは難しいそうです。

オカトラノオで吸蜜するコキマダラセセリ
4209282

4309322

ヒメキマダラセセリ
44i09362

そこから少し先の道沿いのイケマの花にキバネセセリがいました
4509702
以上5枚はオリンパスE510+EC14+50~200mmズームで撮影

ここでFsさんから実のなった植物を3種教えてもらいました

    キブシの実 花は知っていましたが実は初めてでした
    46104592_2

ドクウツギの実
46204562

クロモジの実 これも花は知っていましたが実は初めてです
46304602

ここで撮影を切り上げて次のポイントに向かいました。
そこはとても風光の良い高原ですが、生憎の小雨ぱらつく天候でチョウの姿はあまり多くはありませんでした。
ヒメシジミもすでに時期をはずれ擦れた個体が多かったです、他にはコムラサキ、ミドリヒョウモンなどのヒョウモン類、キチョウ、スジグロシロチョウ、等がいました。
お天気なら沢山のチョウが飛ぶ場所です。

斑紋異常のヒメシジミ♀を見かけました
4604782g2

帰り際に車の傍の白樺にいたアシナガイナゴ
4704862
以上2枚は リコーGX100で撮影

今日はお天気がいまいちでしたが、自分の都合で出かけることになりました、しかしお天気の影響は大きいもので、来年はお天気の良いときにまた来て見たい所です。

Fsさん有り難うございました。

|

«   7月21日 ミヤマシロチョウに会いに行く | トップページ |   7月30日 キマダラモドキを撮る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




«   7月21日 ミヤマシロチョウに会いに行く | トップページ |   7月30日 キマダラモドキを撮る »