«   6月11日~18日 モンゴル撮影行 | トップページ |   6月25日 アサマシジミ、アカシジミ他 »

2008年7月 6日 (日)

  6月24日 東毛のミドリシジミ他

今日は梅雨の晴れ間なので、Mnさんとミドリシジミ狙いで東毛へ出かけました。
モンゴルから帰って始めての撮影行です。
8時少し前にはポイントに着き、しばらく探すうちハンノキの葉に止まるミドリシジミを発見する、しかしいささか遠く小さくしか写りません、何回かシャッターを押すうちに飛び去ってしまいました。
その木の周りをしばらく探していると、ヒラヒラと飛んできて目の前の葦の葉に止まりました。

       (画像をクリックすると拡大します)

(8時17分) ミドリシジミ飛来 511midorisijimi82082

(8時19分)
512midorisijimi82222

(8時21分) 薄日が差したと思ったら翅を広げました
514midorisijimi823824

(8時22分) この角度で は後翅はあまり 緑には見えません
515midorisijimi825422_2

(8時28分)  この角度で前翅が一番光沢のある緑に見えた
         左下は右前翅の部分拡大をしたもの
516midorisijimi828422

(8時29分) この角度では後翅は全く緑には見えない
517midorisijimi82962

この個体がじっくり撮らせてくれたので、撮る角度で緑色の出方が違うことが良く分かります。
これは麟粉の構造によって緑の光を反射するためで、翅そのものが緑色をしているわけではない ことから起きる現象だそうです。
陽の差す角度とカメラアングルの組み合わせでより光沢のある緑色が出るのですね。

ここでは他にベニシジミとキマダラセセリ そしてカノコガを撮影しました。

ベニシジミ
52benisijimi83432

キマダラセセリ
531kimadaraseseri81892

カノコガ
532kanokoga81852
以上9枚は オリンパスE510+EC14+50~200mmズーム

一応狙いのミドリシジミを撮ったので引き上げることにしましたが、時間が早いので帰路別のポイントに寄ることにしました。

蒸し暑い中、木陰で樹液を吸うルリタテハ に出会いました
541ruritateha00272

  ルリタテハの裏翅は樹皮に溶け込む保護色をしています
    54200572_2

スズメバチとルリタテハ
55ruritateha00252

ヒカゲチョウ
56hikage00632

    羽化不全のオオムラサキがいました 
    (これが後日オオムラサキの撮影に繋がりました)
    57oomrasaki00562
    以上5枚とも リコーGX100で撮影

帰ろうと車まで来ると吸水するコムラサキがいました
58komurasaki84462
オリンパスE510+EC14+50~200mmズームで撮影

今日は狙いのミドリシジミをじっくりと撮影できて万々歳でしたが、それ以外にもいろいろ撮れて収穫の多い半日になりました。
昼食を摂って1時半には帰宅しました。

Mnさんお疲れ様でした。 
   

|

«   6月11日~18日 モンゴル撮影行 | トップページ |   6月25日 アサマシジミ、アカシジミ他 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




«   6月11日~18日 モンゴル撮影行 | トップページ |   6月25日 アサマシジミ、アカシジミ他 »