«  10月19日 ウラナミシジミ | トップページ |  11月 5日 榛名の紅葉は浅かった »

2008年10月24日 (金)

 10月20日 SP560UZのプリキャプチャーを試す

オリンパスSP560UZにはプリキャプチャー機能が付いています。
かつて高速連写デジカメE100RSにもこの機能が付いていて、連写合成を大いに楽しませてもらいました。
今回SP560UZを購入したので、久しぶりにプリキャプチャーを試してみました。
プリキャプチャーというのは、シャッター半押し状態で常に10枚分の画像を記憶していて、シャッターを切ったときに直前の10枚の画像が撮れるという機能です。
E100RSでは5枚で使っていました。
この機能により、花から飛び立つ瞬間の昆虫の写真が誰でも撮れるようになりました。

庭のランタナに来たツマグロヒョウモンの飛び立つ様子をGIFアニメにしてみました。
クリックするとツマグロが飛び立ちます(開くのに少し時間がかかります)
81

プリキャプチャーで撮った10枚の画像から5枚を選んで1枚の画像に合成するとこのようになります。 (静止画像です、画像をクリックすると拡大します))
820479g2

焦点距離は花に止まっているチョウに合わせてあるので、飛び立ったあとにチョウが被写界深度の範囲を外れるとピンボケになります(手前のチョウ)。
0491g3
以上3枚ともオリンパスSP560UZで撮影

これらは平凡な被写体での試し撮りですが、プリキャプチャー機能を活用すると様々な画像を撮ることが出来ます。
但しこのカメラでは高速連写とプリキャプチャーを使うと300万画素に制限されます。
それでも普通は撮るのが困難な面白い画像を撮ることが出来るので有効な機能ですね。

これらの画像を試したのは8月29日でした。

|

«  10月19日 ウラナミシジミ | トップページ |  11月 5日 榛名の紅葉は浅かった »

コメント

RANAさん

SX-F1のパスト連写に比べると連写枚数もプリキャプチャー枚数も少ないですが、E100RSの楽しさを思い出すには充分ですね(^^)
実はこれ家内のカメラなんですよ。

投稿: あぜみち | 2008年10月25日 (土) 00時49分

お、あたらしいおもちゃを手に入れましたね?
プリキャプチャー、いいですよね。
来春が楽しみですね!!!!

投稿: RANA | 2008年10月24日 (金) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




«  10月19日 ウラナミシジミ | トップページ |  11月 5日 榛名の紅葉は浅かった »