«  12月 3日 モンシロチョウと群馬の森の紅葉 | トップページ |  12月12日 モンキチョウとキチョウ »

2008年12月14日 (日)

 12月10日 初冬のチョウ達 そして・・

今日も朝から暖かいので、モンシロチョウに出会えないかと宿横手町へ出かけて見ました。
サイクリングロードの土手の南側にホトケノザの小さな群落があって、そこで6種類のチョウに会うことが出来ました。

        (画像をクリックすると拡大します)

吸蜜するヒメアカタテハ だいぶ色が褪めていました
4087952

ホトケノザで吸蜜するモンキチョウ、羽の破れがなければ早春と見紛う吸蜜風景ですね 
4187712

4287732

ツマグロヒョウモン♂ まだ元気に飛んでいました
4386682

ベニシジミ もうほとんど色が褪せています
4486432

ヤマトシジミ♂
4586872

目の前でヒラヒラと葉陰に入ったキチョウ、かなり黄色が白っぽく褪せていました
4627013
以上7枚ともオリンパスE510+EC14+50~200mmズームで撮影

そのうち上空でヘリコプターが煩いので振り仰ぐと、なにやら上空を旋回していて、そのうちけたたましいサイレンと共に消防車、パトカーそして救急車が横手大橋の上に集結する模様です。
なんだろうと野次馬心で橋に向かうと、中島町方面からやってきたMnさんにばったりお会いしました、チョウ探索の帰りだそうで、やはり気になって戻ってこられたそうです。
二人で橋の上に行くと、捜査員らしき人が欄干に手を触れるなという、どうも身を投げた人の捜索らしい様子・・・

目撃者らしい人から状況を聞く捜査員たち・・・
4726802
リコーGX100で撮影

上空ではヘリが川面を探索しながら・・・
4887032

ゴムボートを出して捜索に向かう・・・
4987612
以上2枚はオリンパスE510+EC14+50~200mmズームで撮影

今日は6種のチョウが撮れてこの季節にしては大収穫でしたが、大きなおまけがついてしまいました。

身を投げるとは、どんな事情があるにせよ痛ましいことですが、これだけの人員と機材が即座に集まるというのも凄いことですね、晴天下の捜索風景が妙に明るいのも悲しいコントラストに感じます。

|

«  12月 3日 モンシロチョウと群馬の森の紅葉 | トップページ |  12月12日 モンキチョウとキチョウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




«  12月 3日 モンシロチョウと群馬の森の紅葉 | トップページ |  12月12日 モンキチョウとキチョウ »