«   6月22日 東毛のミドリシジミ | トップページ |   6月26日午前 アカシジミに会う »

2009年7月 4日 (土)

  6月23日 ヒカゲチョウ他

今日はゼフ狙いで桐生方面を回って見ました。
04年~06年にゼフを撮影した知人の記録を教えて頂いての探索です。
桐生市の西から北にかけての里山と林道を巡りました。
ゼフに遭遇することは出来ませんでしたが、その他の蝶もほとんど姿を見なかったので、気温の低い雨続きの影響もあったと思われます。
6時半~10時頃まで巡って帰路につきました。
その数日後知人も別のルートを回って見て、やはりゼフには全く遭遇しなかったということでした。
平地性のゼフがここ数年で急激に減っているという報告はあちこちで聞きますが、やはり現実のものになっているのですね。

     (画像をクリックしてご覧下さい)

桐生市郊外で撮ったトンボ(アオイトトンボでしょうか?)
011_28322

同じくミヤマカワトンボ
012_28863

ヤマタツナミソウ?
02_29122
以上3枚はオリンパスE510+EC14+50~200mmズーム

帰路高崎市の中島町に寄って見ました。
サイクリングロード脇のクヌギの樹液に集まるヒカゲチョウやキマダラモドキを撮影した。

樹液にはヒカゲチョウ、キマダラヒカゲ、スズメバチなどいろいろな昆虫が集まっていました。
    04_29212

吸汁するサトキマダラヒカゲ03_41652

ヒカゲチョウ、スズメバチ、カナブン・・・
05_29312

    ヒカゲチョウとカナブン
    06_417422s_2

ヒカゲチョウとスズメバチ
07_41874

ヒカゲチョウとクヌギの木
08_41933

カブトムシとコクワガタ
09_41552
以上7枚は リコーGX100で撮影

今日は後半気温が上がって蒸し暑く 樹液に集まる昆虫も多くとくにヒカゲチョウが沢山見られました。
ヒカゲチョウは大好きなチョウの一つです、翅裏の斑紋は薄紫の輪に囲まれています。  今日は光線の関係でその薄紫はあまり写せていませんが、時々はっとするほど綺麗な時があります。

|

«   6月22日 東毛のミドリシジミ | トップページ |   6月26日午前 アカシジミに会う »

コメント

RANAさん
クモマツマキといい、キマルリといい大奮闘ですね(^^)
この花で吸蜜するクモマツマキははじめて見ました。
一度はと思いつつも、4時間の山登りと聞いてちょっと気後れしますね(^^;
今は里山や低山のチョウを探索していますが、フィールドにいると気分が良いです(^^)

投稿: あぜみち | 2009年7月 8日 (水) 16時15分

あぜみちさんもこの季節は活躍されてますね。
私も最近、クモマツマキとキマルリ、行きました。
日記に書いておきました。

投稿: RANA | 2009年7月 6日 (月) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




«   6月22日 東毛のミドリシジミ | トップページ |   6月26日午前 アカシジミに会う »