«   7月 7日 クロミドリシジミに出会う | トップページ |   7月11日その2 モートンイトトンボ他 »

2009年7月12日 (日)

  7月11日その1 ハッチョウトンボを撮る

今日は田中プロと高崎駅で落ち合い、ご一緒にハッチョウトンボを撮りに水上町方面へと車を走らせました。
ところが話が弾んでしまい、うっかり降りるインターチェンジを通り過ぎたと錯覚して引き返してしまい、1区間を行ったり来たり・・・なんともはや・・・行く先が思いやられる仕儀に。
しかし目的地に着いて探索を始めると運良くハッチョウトンボに直ぐに出会うことが出来ました。
日本最小のハッチョウトンボは体長が18mm前後と小さく、一見アブかと見紛うほどです。

       (画像をクリックしてご覧下さい)

これがハッチョウトンボ♀
51_40773

52_43292

    53_40922

54_41062

56_42642

55_40593
以上6枚はオリンパスE510+EC14+50~200mmズーム

GX100の1cmマクロで撮影した画像
57_44802_2

5844603
以上2枚はリコーGX100で撮影

田中プロは、発売直後に品切れを起こすほどの人気機種となった オリンパス・ペン E-P1のβ機でライブビュー撮影を試していました。
画質はオリンパスのデジタル一眼と同じ品質で、ボディーは大変コンパクトでした。

E-P1の拡大ライブビューでマニュアル撮影される田中プロ
50_mrtanaka_43942
リコーGX100で撮影

初めて見るハッチョウトンボの小ささに驚きながら、マクロレンズを持っていかなかった事を後悔しました。
EC14+50~200mmズーム(35mm換算560mm)での撮影はオートフォーカスで合わせるのが大変で、マニュアルで焦点を合わせましたが、これがまた大変でした。

この場所にはハッチョウトンボのほかに珍しいイトトンボの仲間もいました。
それらは7月11日の日記その2に記します。

|

«   7月 7日 クロミドリシジミに出会う | トップページ |   7月11日その2 モートンイトトンボ他 »

コメント

MSDさん

有り難うございます!
トンボ撮影は年数回のチャレンジですが、チョウとは違った面白さ、難しさがありますね。
今はゼフに集中していますが、群馬のチョウをほぼ撮り終わったら、トンボ撮影もやってみたいですね(^^)
斉藤さんにはその段階で教えを請えたらと思います。

*ハッチョウトンボのオスは赤いそうです。

投稿: あぜみち | 2009年7月14日 (火) 21時15分

あぜみちさん トンボにのめりこみましたね。
奥が深い分野ですね。かつて仲間と一緒にトンボも若干撮りましたが今は中断してます。
仲間の斉藤昭二さんはプロ級のトンボ名人です。
一度コンタクトされては如何でしょうか。いい知見が得られると思います。

s_saito@nifty.com

ハッチョウトンボは雄は赤いのですか?それとも成熟すると赤くなるのでしょうか?
いい画像堪能しました。

投稿: MSD | 2009年7月14日 (火) 07時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




«   7月 7日 クロミドリシジミに出会う | トップページ |   7月11日その2 モートンイトトンボ他 »