«   4月25日~26日 新潟のギフチョウ下見 | トップページ |   5月 3日 上越国境のギフチョウ下見 »

2010年5月 2日 (日)

  5月 1日 リコーGXR テスト撮影

今日はリコーGXRのテスト撮影に近くのツマキチョウのポイントへ出かけました。
GXRは現在サブで使っているリコーGX100の系譜を継ぐ新機ですが、レンズ付き撮影ユニットを交換する新しい方式のカメラです。
撮像素子は
1/1.7CCDと同じ大きさですが、画質向上と高感度ノイズの低減が図られたと言うことなので、試してみることにしました。

ツマキチョウのポイントに入るとその姿が見られず、暫らくしてやっと1頭飛来しました。
高さ2m弱の木の枝に止まったので、早速片手でGXRを持つ手を伸ばして撮影してみました。 こういうことが出来るのもコンパクトデジカメの良さですね。

        画像をクリックしてご覧ください

ツマキチョウ♀       ISO400  f 8.3  1/800sec
51_00792

それ以後 ツマキチョウの姿がなく、ムラサキハナナに来ていたクマバチを撮影してみました、飛翔撮影はチョウよりはるかに楽ですね。

クマバチ     ISO400 f 7.5  1/1000sec
52_00644

シャッターの押し具合はGX100よりも良い感じですし、暗部ノイズもずっと少ない感じですが、背景の写りはGX100に比べて少し鮮明さが落ちているように感じますが気のせいかもしれません、もう少しいろいろ試してみたいです。

場所を宿横手町に変えて撮影をしました。

モンシロチョウ     ISO400 f 7.2  1/1250sec
53_01022

ベニシジミ    ISO400  f 7.2  1/800sec
54_00953

ちょっと撮影してみただけなのではっきりしませんが、画質にゆとりが感じられるように思います。
反面GX100の背景までパキッと写るのに比べるとやや甘い感じがしますが、これはGX100がパキパキにシャープだったのが改められているのでそのせいかもしれません。
少し大きく重くなりましたが、片手で使うのに困るようなこともありませんでした。

使用カメラ リコーGXR S10ユニット 24mm~72mm相当 F2.5-F4.4

  

|

«   4月25日~26日 新潟のギフチョウ下見 | トップページ |   5月 3日 上越国境のギフチョウ下見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




«   4月25日~26日 新潟のギフチョウ下見 | トップページ |   5月 3日 上越国境のギフチョウ下見 »