«  11月23日 ヤマトシジミ他 | トップページ |  11月30日 初冬のヒメアカタテハ他 »

2011年12月 3日 (土)

 11月23日その2 超小型機

ヤマトシジミを撮影していると超小型機が飛来します。
近くの河川敷にアマチュアが飛ぶ超小型機の離発着できるところがあるようです。
利根川に沿って低空を飛ぶので撮影ができます。

    画像をクリックしてご覧ください

ハングライダーにエンジンをつけたような最も簡易的な機でライト兄弟の飛ばした動力機を彷彿とさせる様な構造をしています、こちらは単葉ですが・・・
241_14433

雲がバックでは撮りにくいです242_14452

赤とんぼを思わせるパイプ胴の機、こちらはちゃんっとキャビンがついているので寒さは内場でしょうね・・・
243_214543

双胴のスマートな機、これが一番値段が高そう・・・
245
以上4枚ともオリンパスE510+50~200mmで撮影

アマチュアがこういう簡易型の飛行機に乗って飛行を楽しんでいるのでしょうね。
蝶を追って里山の尾根に出たときに眼下に広がる畑や民家を望んで思わず斜面を何らかの方法で滑空したら気分爽快だろうなあと思うことがあります。
空を自由に飛びたいというのは人間の見果てぬ夢ですが、こうやって空を飛んで楽しんでいる人がちょっぴりうらやましいですね(^^)

|

«  11月23日 ヤマトシジミ他 | トップページ |  11月30日 初冬のヒメアカタテハ他 »

コメント

ヒメオオさん

こういう飛行機にはなんか親近感を感じますね(^^)
ハイテクジェット機も素晴らしいと思いますが、こちらはいかにも空を飛ぶのを楽しんでいるという感じがします。

投稿: あぜみち | 2011年12月20日 (火) 11時34分

チョウが飛ばない時、飛行機が低空で飛んでくれると被写体には困りませんね!この辺ではかなり上空しか飛行機が飛んでいないのでカメラを向けることはありません。

投稿: ヒメオオ | 2011年12月18日 (日) 18時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




«  11月23日 ヤマトシジミ他 | トップページ |  11月30日 初冬のヒメアカタテハ他 »