«   5月11日 SSP展が開催されます | トップページ |   5月20日 ミヤマカラスアゲハ他 OM-Dテスト6 »

2012年5月14日 (月)

  5月13日 ウスバシロでOM-D飛翔テスト

今日は抜けるような晴天、その上風も穏やかです。
こじらせた風邪もようやく九分通り治ってきました。
こうなるとじっとしていられず、吉井町方面へ出かけました(^^;
そろそろウスバシロチョウが出ているはずと、牛伏山方面へ向かいました。
ポイントに着くとウスバシロチョウがたくさん飛んでいます。
しかしほとんど吸蜜せず叢の上30cm位の高さを飛ビ回ってばかり。
それで飛来するところを待って空中戦で飛翔撮影を試みました。

OM-D+MZD12-50mmで4枚/秒、固定焦点(約15~20cm)にセットして撮影開始。

       画像をクリックしてご覧ください

ポイント風景(車を降りるとそこがポイント)
141_03072
F6.3  1/4000秒 ISO-1000  -0.7補正

ウスバシロチョウの飛翔姿も何枚か撮れました
142_03683
F6.3  1/3200秒  ISO-1000  -0.7補正

143_038232_3
F6.3  1/4000秒  ISO-1000  -0.7補正

144_04513
F6.3  1/4000秒  ISO-1000  -0.7補正

草上を飛ぶのを立ったまま真上から撮った一枚
145_04282
F6.3  1/4000秒  ISO-1000  -0.7補正


ここのウスバシロチョウはわずかに黒化しているようです。

ここ数年はコンパクトデジカメで飛翔撮影を試みてきました。
なかでも最近のパスト連写を使うと比較的に飛翔が撮り易いこともあって重宝してました。
OM-Dは軽量コンパクトなので空中戦でもあまり苦になりませんし、ラチチュードが広いので撮り易く感じます。
しかしパスト連写やプリキャプチャーといったレリーズ前の画像が撮れる機能がないので、飛び立つチョウを撮るのは苦手です、これらの機能が付加されたら鬼に金棒ですね。

今回は4枚/秒の連写Lを使いましたが、次の機会には9枚/秒の連写Hを使てみようと思います。

通常なら1~2時間は頑張れるのですが・・・病み上がりの身、30分ほど撮影すると疲労困憊し、草に足をとられるようになったので引き揚げてきました。

|

«   5月11日 SSP展が開催されます | トップページ |   5月20日 ミヤマカラスアゲハ他 OM-Dテスト6 »

コメント

YODA さん

コメント有難うございます!
これは12mm(換算24㎜)での撮影です。
OM-Dのダイナミックレンジの広さに助けられて白とびせずに写っていました。
体力が衰えたのをOM-Dで軽量コンパクト化できて助かってます。

投稿: あぜみち | 2012年5月17日 (木) 15時46分

青空に浮かぶ飛翔体お見事です。
これらは12mm位置での撮影なのでしょうか。
cactussさんに見せてもらいましたが、OM-Dはコンパクトでいいですよね。
病み上がりとのことで、ご自愛くださいませ。

投稿: YODA | 2012年5月17日 (木) 12時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




«   5月11日 SSP展が開催されます | トップページ |   5月20日 ミヤマカラスアゲハ他 OM-Dテスト6 »