«   10月 1日 ニコン1V3の連写を試す その2 | トップページ |   10月20日 ベニシジミ&チャバネセセリ他 »

2014年10月31日 (金)

  10月30日 ニコン1V3の連写を試す その3

10月に入ってからも利根川サイクリングロードの土手での撮影を続けました。
キタテハの飛翔撮影が主なので、変り映えのしない画像が並びます・・・

前回はシャッター速度優先での撮影を試しましたが、
今回はマニュアル露出での撮影を試しました。
 
     画像をクリックしてご覧ください
 
絞り解放 f:3.5 から f:8 迄の画像を並べてみます。 
 
シャッター優先 絞り解放f:3.5 ISO-280 1/3200秒
900761722
 
マニュアル露出 F:5.6  ISO-250  1/2000秒
901f56_00413
 
マニュアル露出 F:6.3 ISO-560  1/2500秒
902f6391102
 
マニュアル露出 F:7.1 ISO-560  1/2000秒
903f7196902
 
マニュアル露出 F:8 ISO-800  1/2000秒
903f892153n
 
こうして並べてみると、少しづつ背景ははっきりしてきますが、その違いはあまり大きくはありません。
それに飛翔撮影なので、都度チョウに近寄った度合いと、背景とカメラの距離とで写りは変わってきます。
結論から言うとF:6.3以上なら充分だといえそうですね。
この場合シャッター速度は1/2000~1/2500秒で大丈夫でした。
これは快晴の場合ですが、曇天の場合はシャッター優先で1/2000秒から試してみて、それでISO-800でおさまれば大丈夫、ISOが1000以上になるようなら、シャッターを1/1000秒から試してみる必要があると思います。
 
絞り値別の作例を並べてみます。
”橋をバックに飛翔を撮る”がテーマなので、変り映えのしない画像が並びますが、ご容赦ください(^^;
尚 画像はノートリミングです。
 
 絞りF:6.3の例
 
キタテハ  ISO-640  1/2500秒
911f63860632
 
キタテハ ISO500  1/2500秒     
912f6386242
 
キタテハ ISO-560  1/2500秒913f6387482shu22_2
 
キタテハ ISO-450  1/2500秒
914f63911123
 

 絞り F:7.1の例

キタテハ  ISO-720  1/2000秒
921f7195583

キタテハ ISO-640  1/2000秒922f7195803_2

キタテハ ISO-560  1/2000秒
923f71_968833

キタテハ ISO-640  1/2000秒
924f71981422

 絞り F:8 の例

キタテハ ISO-800  1/2500秒
931f8_07412

キタテハ ISO-1000  1/2500秒
932f892982

チャバネセセリ ISO-800  1/2000秒
933f8_06802
 
チャバネセセリ ISO-640  1/2000秒934f8_06992

唯一試した空中戦 モンシロチョウ ISO-900  1/3200秒
935f894012

しかしベストモーメントキャプチャー(パスト連写)では、チョウがどのように飛び立つか、その方向が一番重要だと思います。
一番良いのは上方に飛び立つケースで、次いで左右どちらかに遠ざからないで飛ぶケースです。
最悪は手前に飛ぶケースと、向こうへ遠ざかるケースです。
いずれにしても60枚/秒の連写ですから、飛び立って直ぐの画像が勝負でした。

上方に飛んだケース 絞り F:7.1
94187482gt2

飛び立った直後のケース 絞り F:6.3 ISO-560  1/2500秒942f63912222t

向こうへ飛んだケース 絞り F:6.3 ISO-450  1/2500秒943f6390952gt

とにかく取説を読むのが苦手なアナログ人間なので、バシャバシャ撮った上での感想ですから、理論的に詰めたものではありません。
本来は止まっているチョウの同じ被写体に対して絞りを変えて撮れば、背景の写り具合も正確に比較が出来るのですが・・・今まで撮った経験では、止まってるチョウの場合絞り F:8.0 で背景はかなりはっきりします。
しかしパスト連写では同じ被写体を露出を変えて撮ることは出来ませんので、似たような場面での比較になります。
それ故 秋晴れの場合、絞りF:6.3~F:7.1で撮れば大丈夫ですが、シャッター速度が1/1500秒位なら絞り F:8 でもISO-800以下に収まります。
自分的には ISO-800 までなら画質は充分と思っています。

今まで述べたのはほぼ広角端(10㎜~)付近での撮影でした。
しかし当然ながらズームを望遠側に伸ばすと背景は大幅にボケます。

追記
ズームを伸ばした例  焦点距離27㎜(35mm換算73㎜) 
キタテハ F:6.3  1/2000秒 ISO-400  27mm 曇天
9501882



|

«   10月 1日 ニコン1V3の連写を試す その2 | トップページ |   10月20日 ベニシジミ&チャバネセセリ他 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




«   10月 1日 ニコン1V3の連写を試す その2 | トップページ |   10月20日 ベニシジミ&チャバネセセリ他 »