«   7月21日 霧雨の榛名でヒメシジミ他 | トップページ |   7月30日 久しぶりに蛾の夜間撮影 »

2016年9月11日 (日)

  7月24日 TG-4で飛翔撮影を試す

数日前にTG-4で偶然ミツバチの飛翔が撮れたので、今日は庭の花に来ているハチを相手にTG-4で飛翔撮影を試すことにしました。
薄日が差す中、シャッタースピードを上げるためにスポーツモード+連写でのトライです。

 
     画像をクリックしてご覧ください
  
テンニンギクに来た西洋ミツバチ f/4  1/1000秒 ISO-200501072419953

50219862

クマバチでもトライしました f/4  1/1600秒 ISO-200  51120742

f/2.8  1/1600秒 ISO-200        51222553

三尺バーベナで吸蜜するクマバチを顕微鏡モードで撮る
f/3.8 1/640秒 ISO-200とスポーツモードよりシャッター遅い5221772

イチモンジセセリでも試してみた、ハチより格段に難しい
スポーツモード+連写 f/4  1/1000秒 ISO-2005320033

シオヤアブが来ていたのでスポーツモードのままで撮影
順光で f/4  1/800秒  ISO-200   54119634

同個体を反対側から絞り優先でフラッシュONにして撮影
やや逆光で f/4  1/320秒 ISO-100 FD-1は効果的です54219672

薄日差す中なので、撮影には最適の光線状況でした。
ハチのようにホバリングしたり次の花に移るときにゆっくり飛ぶものはTG-4で飛翔撮影をすることが出来るので、ポケットに入れておけば気軽に飛翔撮影にトライすることもできますね。
但しイチモンジセセリのように飛び立つのが速いものは結構大変です。

TG-4の可能性は顕微鏡モードや水中撮影にとどまりません、コンパクトデジカメとしてもふつうに活躍出来ると感じました。

|

«   7月21日 霧雨の榛名でヒメシジミ他 | トップページ |   7月30日 久しぶりに蛾の夜間撮影 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




«   7月21日 霧雨の榛名でヒメシジミ他 | トップページ |   7月30日 久しぶりに蛾の夜間撮影 »