«  10月18日 キトンボ再トライ | トップページ |  10月30日 自然観察会に参加して »

2016年12月30日 (金)

 10月20日 キトンボに三度トライ

今日はお天気が大丈夫そうなので、キトンボの魚眼による近接撮影に3たびトライしようと出かけました。
現地に10時頃に着くと風がありましたが、溜池は土手に囲まれているので風の当たりは弱まっていて撮影できそうです。

キトンボの数はずいぶん減っていて、水面上を連結飛翔するペアはいたりいなかったりの状況でした。
今回は魚眼での撮影に絞っているので、とにかく来るのを待つしかありません。
その待ち時間の間に過ちを犯しました、ISOオートを試したのです、暗い背景でうまくいったので、今日はISOオートで撮影しようと思ってしまったのです。
それまではISO:320固定でした。
やっとキトンボのペアが目の前に来てくれました、今度はレンズの焦点距離を確認してから、カメラをレンズ前10数Cmのところまでペアに近づけて連写しました。
やったあ! と思いながらモニターで画像を確認すると、なんと大幅な露出オーバーです。
水面と土手の暗さに引っ張られてISO:800になっていたのです、後悔先に立たずでした。
その後キトンボのペアはついに姿を現さず、チャンスはその1回きりだったので、仕方なく引き揚げてきました。
帰宅後PCに出してみてもJPG画像は補正が追い付かないレベルでした、そこでRAW画像の方を現像してみました、するとなんとか見られる程度まで補正が効いたのです。
白飛びと黒つぶれがなかったのが幸いでした。
今更ながらRAW画像のデーターの深さを思い知りました。
 
     画像をクリックしてご覧ください
 
溜池のキトンボ (RAW現像してトリミング)901020001826r
オリンパスペンライトE-PL6+サムヤン7.5㎜魚眼
 
結局 狙いのキトンボはこれ1チャンスでしたので、その後土手の上でミドリヒョウモンを撮影して帰りました。
 
ミドリヒョウモン(晩秋の谷津で)
皮肉にも これがゴミゼロ写真展への出品作になりました(^^)
9100453
オリンパスペンライトE-PL6+サムヤン7.5㎜魚眼
 
ミドリヒョウモン   
9200592
オリンパスペンライトE-PL6+サムヤン7.5㎜魚眼
 
予期せぬ露出オーバーでキトンボの撮影が果たせずがっかりした半日でしたが、JPG+RAWで撮影しておいて本当に良かったことと、RAW画像の補正に対する耐性の深さを今更ながら実感することになったのは大きな収穫でした。
JPGでの撮影にこだわって来て、JPG+RAWで撮るようになったのはつい最近でしたから・・・

|

«  10月18日 キトンボ再トライ | トップページ |  10月30日 自然観察会に参加して »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




«  10月18日 キトンボ再トライ | トップページ |  10月30日 自然観察会に参加して »