«   3月30日 魚露目をフィールドで試す | トップページ |   5月14日 SSP展のお知らせ »

2017年5月13日 (土)

  4月14日 ニホンセセリモドキ

今日は久しぶりに東毛の里山へ行ってきました。

しかしチョウの姿は少なくて、しばらく探すとミヤマセセリらしきものを見つけました。
2頭いてかなり擦れた個体でした、先ず望遠で撮影しモニターでよく見るとニホンセセリモドキでした、ヘアペンシルが見えます。
数年前に一度見て以来で久しぶりの対面でした。
 
     画像をクリックしてご覧ください
 
ニホンセセリモドキ(魚露目で撮影)      12041405232
オリンパスペン・ライトE-PL6+MZD45㎜ F:1.8+魚露目
 
望遠で撮影したもの    12153662
オリンパスE-M5+Gバリオ45-200mm

12253802
オリンパスE-M5+Gバリオ45-200mm

これ以外めぼしいものに出会ず、仕方なく帰ろうと車に戻ると、公衆トイレの脇のグミの木にマルカメムシが数頭来ていました。

          マルカメムシ    
     12350662g
     オリンパスTG-4+FD-1

          12450432
      オリンパスTG-4+FD-1

12550512
オリンパスTG-4+FD-1

12650592
オリンパスTG-4+FD-1

近くにある満開のキブシに虫がまったくいません?  50312
オリンパスTG-4+FD-1

サクラが見ごろのこの里山で、ニホンセセリモドキに出会えたのが収穫でしたが、他にめぼしいチョウなどに出会えずちょっと拍子抜けでした。

|

«   3月30日 魚露目をフィールドで試す | トップページ |   5月14日 SSP展のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




«   3月30日 魚露目をフィールドで試す | トップページ |   5月14日 SSP展のお知らせ »